ストーブ雑学(ホコリと故障)

     ストーブについて

こちらのページは、ホコリによるストーブへの影響と少しの雑学を記載しました。
トラブルの際、何かのヒントになればと考えています。
どうぞご覧下さい


ストーブは2種類

円筒とFFの分類
ストーブは給排気の方法の違いで円筒ストーブとFFストーブの2種類に分類されます。

①円筒ストーブ
燃焼に必要な空気は室内の空気を使用、燃焼した排気ガスは送風機と煙突の吸込む力を利用し屋外に排出させる。
(燃焼に必要な空気は室内の空気を使う) 

②FFストーブ
燃焼に必要な空気は給気ホース(ジャバラホース)で屋外から取入れ、燃焼した排気ガスは送風機で屋外に排出する。(燃焼に必要な空気は屋外の空気を使う)


ホコリと故障の因果関係

ホコリの影響

ホコリにより、ストーブが故障を起こしやすい環境   
1、ストーブの左右、後ろの掃除がしずらい設置。(ホコリが蓄積されやすく、空気の通路を塞ぐ)
2、ストーブ設置の部屋にタオル系(細かい繊維が舞う)の洗濯物をよく干す。(衣類の繊維が舞い、フィルターを詰まらす)
3、動物と生活をしている。(動物の毛がフィルターを詰まらす)
4、絨毯を敷いている(絨毯の繊維がフィルターを詰まらす)

 
*このような環境下の場合は、個人で定期手にフィルター掃除が必要です。
 取扱い説明書に清掃方法などが記載されています。
 説明書が無い場合、メーカーによっては、ダウンロード出来る所もありますので、メーカー名と型式で検索し調べるか、または当社へお問合せ下さい。

燃えていれば正常?
ストーブは燃えていれば正常と思われがちですが、2年、3年と使っているうちに機器は、ホコリの蓄積による風量障害、燃焼熱による材質劣化などなど、大なり小なりのトラブルを持ちながら過酷な燃焼状況下で動いてます。

分解整備の必要性

上記に記載したように、故障の原因は、使えば使うほど蓄積されていきます。

機能を回復させ、機器をリセットするためにも、分解整備をお勧めしています。
理想は2~3年おきですが、それ以上経過してても、受付しています。
料金含めご質問等があればお気軽にお問合せ下さい。


石油ストーブの分解整備案内


空気を使う家電製品

家電製品の中で、目に見えずそこら中に存在する空気を、一つの供給源とし機能している機器は、ストーブやボイラーなどの燃焼機器だけです。
だから使用環境
(空気中の潜在物の種類で)で影響を受け、故障の起因となる事が多いのです。
(*空気は「燃焼の3条件」です。詳しくは最後に記載していますので参照下さい)


症状と原因 (図1)

札幌、コロナ、ストーブ、修理
(ホコリが原因で、特に多いトラブルを記載しましたが、他の原因で同状況もありますので参考程度に見て下さい。)
*修理代の目安を記載していますのでストーブの修理代を参照下さい

ホコリによる影響ヵ所・・

上表(図1)の「症状」を見ると、ホコリ (ゴミ、汚れ)のトラブルは円筒ストーブの場合、燃焼系に支障を来す事が多く、FFストーブは温風不足や本体冷却に支障を来すことが多いです。


ホコリの除去/清掃

ホコリの除去/清掃は、一部の機種を除き、背面板(後ろ側)に付いているのが一般的です。
ハガキサイズのフィルターが付いていたり、手を伸ばせば対流ファンのアミがあったりと製造側も掃除可能なヵ所は分かり易く設置していますので、一度確認してみて下さい。
 清掃ヵ所の見つけ方と清掃方法

例1 温風ストーブの対流ファン(後ろのファン)の清掃 
対流ファン清掃   フィルター清掃
上記画像は、掃除機をファンのアミに当てながら、100均で買った衣類用 ブラシで擦り、ホコリを取ってます。このあと雑巾で乾拭きし完了です。 清掃方法の詳細は、説明書にも記載されていますのでご参照下さい。      
使用した道具
・使わなくなったハブラシなどのブラシ系 (今回は、100均の衣類ブラシ使用)
掃除機
・ぞうきん(最後に、ファンガード・フィルターなどを拭き取りに使用

必要な工具
・プラスドライバー (機種によりますが、フィルターの固定ねじを外すのに使用)
 
【注意】
*上記の清掃作業は、自己責任となります。作業等に於いて不明な点や不安を抱く場合、自身で行わず、専門の業者に依頼して下さい。

清掃は、彩基サービスでも対応しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
専門の技術士(技術管理士資格者)が修理対応します。
 

FFストーブ エラー

ホコリの侵入を防ぐ

ホコリの侵入を少なくする対処法として、使用しない時期にストーブを大きな袋で覆うという方法があります。
  
ご年配の方が自作と思われる布袋を被せているのを見る事がありますが、あながち間違いではなさそうです。

「使ってないんだから関係ないだろう!」と言われそうですが、悪い環境下でも袋を掛けているストーブは、汚れが少ない印象があります。

さまざまな状況の中 すべてに該当するとは思いませんが、ホコリを防ぐ一対策としては、有効な方法のように思います。

但し実施するにあたり防災上 注意する事が2点あります。
①コンセントが抜けてる事!
②灯油コックが閉まっている事!
以上を必ず守って下さい。



最後に!

燃焼機器全体で言える事は、ホコリやススなどの汚れは、機器に支障をきたす事が多く、それは放置する事で次の故障を誘発し、大きなトラブルへ拡散していきます。

スス汚れの対処は専門的知識を必要とするケースがほとんどですが、ホコリの除去に関しては、「特定ヵ所」と条件は付きますが案外容易に出来るものです。また、説明書にも方法が記載されていますので個人でも可能かと思われます。

毎月は無理にしても、年に1度、シーズンの使い始め位にでも、説明書を開きホコリの清掃をしてみてはいかがでしょうか。
故障原因を一つ取り除く事で機器の負担が少なくなります。

FFストーブ エラー

余 談

  燃焼の三条件について
燃焼するには、ある3つの条件が揃わないと火は燃えません。
その条件とは、以下の3つです。
①燃える物がある事(紙、木材、石油などの可燃物)
②空気(酸素)が存在する事
③点火源がある事
(マッチ、ライター、火花、赤熱コイルなど)
 
 燃焼の条件

ライター、ストーブ・ガスレンジなど、当たり前に使用していますが、火が燃える(燃焼する)と言う現象は、上記3つの条件が揃って初めて可能になります。
(上記の3要素に「燃焼の連鎖反応」を加え、燃焼の4要素とする場合もあります。)



消火方法の一例
【事例】
 

天ぷら油の火災の実例が時々テレビで取り上げられ、初期消火の方法として濡れタオルで覆ったり、ナベ蓋をし炎を消火させる映像を見る事があります。

三条件の揃っている燃焼状態から条件の一つである空気を遮断し消火させる方法です
  
これは三つの条件で燃えるなら、三つの条件が揃わなければ火は燃えないと言う逆の発想からの消火方法です。
つまり。燃える為の3つの要素は、消火する為の3要素でもあると言う事になります。


注意:あくまでも初期消火の対処方です。万能な消火方法ではない事をご理解下さい。

消火方法について、下の画像を参照下さい。(福岡市消防局HPより)


ストーブ FF
コロナ トヨトミ サンポットの点検 修理

ストーブ FF