ボイラー(給湯器)現場整備

給湯ボイラーの整備

家庭用の
灯油ボイラーは、石油を燃焼させ燃焼熱を利用しお湯を沸かします。
長年使用していると、
スス、ホコリが蓄積され、ボイラー本体の故障の原因となります。
快適な生活を維持する為、ストーブと同様に
ボイラー分解整備も定期的にする事をお勧めします。
ボイラー分解整備は、お客様宅で行う現地整備になりますので、整備当日にでもすぐにお湯が使えます。
また作業で養生する敷物や掃除用具など用意して進めますので
お客様で用意して頂く物はございません。お気軽にご依頼下さい。

   コロナの石油給湯ボイラーのバーナー部     コロナ、長府、チョーフ、ノーリツ、給湯、ボイラー


コロナ 長府 ボイラーの故障、エラーが出る 修理依頼

灯油ボイラー、* 給湯ボイラー(石油)の整備は不要
ストーブの整備のように、広告などの宣伝が少くないので、一般的によく知られていません。

多くの方が洗濯機や冷蔵庫と同じカテゴリーで、故障すると困るけど、動いていれば気に止めない普通の家電製品扱いです。
つまり、
「壊れるまでは大丈夫!」・・整備不要の家電製品と思われています。


ボイラー お湯にならない
しかし、元をたどればストーブと同様に石油を燃やして機能する石油燃焼機器です。

まして、家庭用の給湯ボイラーは
年中無休で働き、お風呂、シャワー、洗面所、台所など家中さまざまなヵ所にお湯を供給し、現在の生活ではなくてはならない家電製品の一つです。

コロナ 長府 給湯ボイラー、整備のおすすめ
真冬にストーブが故障する時程の緊急性は無いにしても、やはりお湯が出ない生活は負担となり日常に弊害をもたらします。

快適な生活を維持する為にも、ストーブと同様にボイラーの整備も定期的にする事をお勧めします。

詳しい内容、不明な点などはお問合せ下さい。専門の担当者が丁寧にお答えします。



コロナ 長府 ノーリツ ボイラー整備について。
*ボイラー整備は、現地での整備となります。(引き物などは当社で全て用意してお伺いします)
*
整備途中、部品交換で料金が発生する場合は、その都度ご相談し進めさせて頂きますので、完了後にお伝えした金額以外の請求する事はございません。安心してご依頼下さい。


整備料金 熱くならない

・給湯ボイラー     14,500円(税込み)
・暖房ボイラー     17,000円(税込み)
※不具合部品の交換は別途加算となります。
※本体外(配管、安全弁、減圧弁など)の修理は別途見積りとします。
※暖房ボイラーの整備料金に液交換料は含まれていません。



ボイラー整備の作業工程 水になる

*ボイラー整備詳細
各種部品の作動点検のあと、主となるバーナーを取外し整備していきます。
全ての部品を取り外し、汚れの付き方、動作不良が無いかなど検証しながら進めていきます。
以下は、細かい所は端折り、大まかに作業工程を説明してみました。


 
①本体からバーナーを取り外しましたボイラーのバーナー エラー
②バーナーを分解、燃焼部と空気を送る送風部をバラバラに解体。 

給湯ボイラー分解 コロナ 長府 給湯ボイラーの送風機分解
③金属部分は水洗浄、作動部品、電装部品は専用スプレーで洗浄。 

コロナ 石油給湯ボイラー スタビライザー コロナ 長府 ノーリツ 灯油ボイラースタビライザー清掃
④部品の消耗、劣化を確認しながら組上げていきます。         
④ー1炎検知器(cds)の点検    ボイラーのcds又はボイラーの炎検知器
④ー2各安全装置の点検    給湯ボイラーのバーナー点検
④ー3油系路の再確認     ボイラーの油配管
④ー4送風機を組付け      組立
 バーナー整備完了。本体に取り付け燃焼テスト。
全行程で1時間~1時間30分の作業となります。

   ボイラー バーナー 故障 整備      ボイラーのバーナー整備完了

セントラルヒーティングの液交換。
正確な金額は、現地での見積もりとさせて頂きます。(見積もり無料)

ボイラー 整備 問い合わせ